人材育成

人材育成 

イベントのご案内 
終了いたしました

Wellbeing を考える みんなのコホート研究入門―「なぜ」、「いま」、「その場所」か?そこから「何が」分かるのか?
第2回 慶應義塾大学 を開講いたしました。

...

「みんなのコホート研究入門」連続講座の2回目は慶應義塾大学の取り組みを特集しました。

前回に引き続き、多種多様な参加者が集まりました。

詳しく内容を読む 活動報告を読む
イベントのご案内 
終了いたしました

第12回「Tonomachi Cafe」を開催いたしました。

...

今回は、福島県立医科大学で進められている、震災復興プロジェクトの1つである「福島医薬品関連産業支援拠点化事業」の概要及び、その中でも独自技術を応用したタンパク質マイクロアレイシステムについてお話しいただきました。抗原マイクロアレイ・逆相タンパク質マイクロアレイ・抗体マイクロアレイを用いることで、1度に2万種類の症例について検証できるようになるなど、最先端の研究開発状況を教えてくださいました。

詳しく内容を読む 活動報告を読む
イベントのご案内 
終了いたしました

第2回ウェルビーイング百寿シンポジウム「みんなで伸ばそう!健康寿命」を開催いたしました。

...

日本が再生・細胞医療の臨床分野で世界をリードするためには今後どう進むべきか、その糸口を探るために、国内外の最前線で活躍する優れた専門家にお集まりいただき、世界の潮流を知り、再生細胞医療製品の品質管理の標準化、再現性を支える技術基盤や安全性をどのように担保していくか、そして社会実装するために何が問題なのか、課題を抽出し課題解決への道を探ります。

詳しく内容を読む 活動報告を読む
イベントのご案内 
終了いたしました

第1回ウェルビーイングイノベーション国際シンポジウム
再生・細胞医療の社会実装とそれを支える技術~臨床、製造現場における課題とその解決に向けて~を開催いたしました。

...

日本が再生・細胞医療の臨床分野で世界をリードするためには今後どう進むべきか、その糸口を探るために、国内外の最前線で活躍する優れた専門家にお集まりいただき、世界の潮流を知り、再生細胞医療製品の品質管理の標準化、再現性を支える技術基盤や安全性をどのように担保していくか、そして社会実装するために何が問題なのか、課題を抽出し課題解決への道を探ります。

詳しく内容を読む 活動報告を読む
スクールのご案内 
終了いたしました

「第1回殿町ファーマコメトリクス研究会」を開催いたしました。

...

「第1回殿町ファーマコメトリクス研究会」を開催いたします。本研究会は、PK/PD解析に関するさまざまな研究事例、応用事例と基礎理論等に関する研究発表会です。

詳しく内容を読む 活動報告を読む
スクールのご案内 
終了いたしました

殿町ウェルビーイングイノベーションスクール
ファーマコメトリクス・エキスパート育成コース~第1回上級編~

...

ファーマコメトリクスとは、数理モデルと計算機科学を用いて薬剤の効果および副作用を解析し且つシミュレーションする手法であり、新医薬品の開発や臨床での薬剤適正使用に応用します。新薬開発には数百億円という莫大な費用のかかる臨床試験が必要ですが、そこに計算機科学を導入することにより、より早くより効率的に最適解(最適の用量用法)に到達できます。今やグローバル製薬企業はこぞってファーマコメトリクスを新薬開発のコア技術として活用しており、その専門技術を有する人材は世界的に渇望されています。

このような次世代型プロフェッショナル人材を殿町キャンパスから世界に向けて輩出する一環として、本コースはファーマコメトリクス・エキスパート育成を目的として開講します。

詳しく内容を読む 活動報告を読む
イベントのご案内 
終了いたしました

第11回「Tonomachi Cafe」を開催いたしました。

...

今回は、Tonomachi Cafe の講演冒頭にて川崎市内企業をはじめとした企業・技術を紹介する『企業・技術紹介枠』を実施致しました。株式会社バイオテック・ラボ様と、そのグループ会社の株式会社スクラム様から、それぞれレンタル実験室や、研究支援機器を取り扱う商社機能についてご紹介を頂きました。

詳しく内容を読む 活動報告を読む
イベントのご案内 
終了いたしました

Wellbeing を考える みんなのコホート研究入門―「なぜ」、「いま」、「その場所」か?そこから「何が」分かるのか?
第1回 九州大学~国内コホートの歴史、久山町研究 を開講いたしました。

...

「みんなのコホート研究入門」と銘打った連続講座の第1回目として開講をしました。

当日は、アカデミア、電気・IT、医薬・医療、食品、生保、シンクタンク、コンサルタント・・。想定を超える多様な『みんな』にお集まりいただきました。

活動報告を読む
イベントのご案内 
終了いたしました

殿町ウェルビーイングイノベーションスクール
次世代ヘルスケア情報プラットフォームの現状とAI最前線
~第4回講座「Person-centered Open Platform for Wellbeingとは何か?」~

...

第1回10月26日に開催したスクールの第4回(最終回)として、今回は慶應義塾大学医学部 医療政策・管理学教授の宮田裕章氏をコーディネーターとして「Wellbeing を実現するコホート研究のフロンティア」について九州大学大学院医学研究院 衛生・公衆衛生学分野教授の二宮利治氏による「地域住民における認知症の疫学研究」、グラクソ・スミスクライン株式会社 開発本部イノベーション戦略部マネージャーの張 家銘氏に「イノベーション創出を目指して:英国における先行事例と日本における新たな挑戦」、慶應義塾大学医学部 百寿総合研究センター専任講師の新井康道氏に「医療・介護保険データと融合した新しい高齢者コホート研究による健康増進プログラムの開発」、慶應義塾大学医学部 衛生学公衆衛生学助教の原田成氏による「地域住民におけるゲノム・メタボロミクス・コホート研究と個別的予防医療への展開(鶴岡メタボロームコホート研究)」をそれぞれ講演頂きました。最終回となる講義は新たに誕生した慶應義塾大学の殿町タウンキャンパスの教室で行われ、高齢化社会が進む中、いかにして健康寿命を延伸していけるか、如何に日常生活の中で健康管理、予防を推進していけるか、様々な専門家の観点からご発表を頂きました。講演終了後には、宮田教授のコーディネイトにより、受講者からの質問、意見等をいただき活発な討論が繰り広げられました。

活動報告を読む
イベントのご案内 
終了いたしました

力触覚ロボットの最前線 -広がりゆく感触のテクノロジーを開催しました。

...

本セミナーではKISTEC「力を感じる医療・福祉介護次世代ロボット」プロジェクト・研究顧問、慶應義塾大学理工学部システムデザイン工学科教授の大西浩平氏による「ハプティクス概論」及び「ハプティクスの産業応用」の講演を頂き、「力を感じる医療・福祉介護次世代ロボット」プロジェクトリーダー、横浜国立大学工学研究院知的構造の創成部門 准教授である下野誠道氏に「ハプティクスの医療・福祉・介護分野への展開」と題し、最新成果の一部紹介を交えて講演を頂きました。また、「力を感じる医療・福祉介護次世代ロボット」プロジェクト・常勤研究員、モーションリブ株式会社代表取締役CEOの溝口貴弘氏に『ハプティクス制御の鍵・力触覚コントローラ「ABC-CORE」』と題し、ハプティクス普及の起爆剤とするために設立した組織及び製品開発に関しての紹介を頂きました。

活動報告を読む
イベントのご案内 
終了いたしました

「Tonomachi が見える Cafe」を開催いたしました。

...

今回は「殿町」を飛び出し、外から「殿町を望む」カフェスタイルと称して、殿町の対岸にある株式会社荏原製作所羽田本社ビル11階ラウンジにて実施致しました、講師として、Wellbeing Research Campus アドバイザーである山崎達美様をお招き致しました。

詳しく内容を読む 活動報告を読む
イベントのご案内 
終了いたしました

理化学研究所医科学イノベーションハブ推進プログラム&Tonomachi リサーチコンプレックス ジョイントシンポジウム
「Society5.0時代のヘルスケアの在り方」

...

Society 5.0時代の新たなヘルスケアや医療の実現に向けた取り組みが始まっています。世界的なヘルスケア産業の潮流をふまえて、データに基づくヘルスケア・医療の環境づくりや人工知能の活用など、日本の新時代のヘルスケアのあり方について議論します。

詳しく内容を読む 活動報告を読む
スクールのご案内 
終了いたしました

殿町ウェルビーイングイノベーションスクール
ファーマコメトリクス・エキスパート育成コース~第2回中級編~

...

ファーマコメトリクスとは、数理モデルと計算機科学を用いて薬剤の効果および副作用を解析し且つシミュレーションする手法であり、新医薬品の開発や臨床での薬剤適正使用に応用します。新薬開発には数百億円という莫大な費用のかかる臨床試験が必要ですが、そこに計算機科学を導入することにより、より早くより効率的に最適解(最適の用量用法)に到達できます。今やグローバル製薬企業はこぞってファーマコメトリクスを新薬開発のコア技術として活用しており、その専門技術を有する人材は世界的に渇望されています。

このような次世代型プロフェッショナル人材を殿町キャンパスから世界に向けて輩出する一環として、本コースはファーマコメトリクス・エキスパート育成を目的として開講します。

詳しく内容を読む 活動報告を読む
イベントのご案内 
終了いたしました

殿町ウェルビーイングイノベーションスクール
ヘルスケア・イノベーションの本質をとらえる~『最先端』に惑わされない研究開発と地域社会構築のために~第5回セミナー

...

11月28日にスタートしました「ヘルスケア・イノベーションの本質をとらえる」~『最先端』に惑わされない研究開発と地域社会構築に向けて~の第4回/最終回セミナーを開講いたしました。第5回の内容としては「そのときの迎え方」~スウェーデンの終末医療と社会的混戦策の構築 と題し、第2、3回にモデレーターをお努めいただいたKISTEC教育研修アドバイザー、株式会社モノ・ウェルビーイング代表の榊原 正博氏より本日講師である医療福祉コンサルタントの河田佳子氏をご紹介いただきました。河田氏からは、日本とスウェーデンの医療福祉の違い(文化の相違・社会的価値観の相違)、歴史的背景の話をいただき、終末医療=ターミナルケア等の解説を頂きました。当日はあいにくの大雪で交通機関が混乱の中、熱心な受講者の方々にお集まりいただきました。

活動報告を読む
イベントのご案内 
終了いたしました

殿町ウェルビーイングイノベーションスクール
ヘルスケア・イノベーションの本質をとらえる~『最先端』に惑わされない研究開発と地域社会構築のために~第4回セミナー

...

11月28日にスタートしました「ヘルスケア・イノベーションの本質をとらえる」~『最先端』に惑わされない研究開発と地域社会構築に向けて~の第4回セミナーを開講いたしました。第4回の内容としては「よく生きる」~現場医師がひとりで歩んだ医療機器開発30年間の隘路 と題し、第1回にモデレーターをお努めいただいたKISTEC人材育成エキスパート、一般社団法人日本医工ものづくりコモンズ副理事長、慶應義塾大学名誉教授の谷下 一夫氏より本日の講師である医療法人社団愛語会 要町病院 腹水治療センター長 医師の松崎圭祐氏をご紹介いただきました。松崎氏からは、ご自身が長年力を注いでこられた腹水治療に関しての現状とCARTにおける医工産学連携におけるポイントを熱くお話頂きました。

活動報告を読む

お知らせ / 融合研究・その他お問合せ

お気軽にお問い合わせ下さい。また、様々なお知らせやイベントも公開しております。是非ご覧下さい。