活動報告

活動報告

2017年11月1日 【川崎生命科学環境研究センター(LiSE)1階会議室、他】

国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)濱口道成理事長による殿町ウェルビーイングリサーチコンプレックス拠点の視察が行われました。

11月1日(水)13:00から16:00の日程で本リサーチコンプレックス推進事業監督機関である国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)の濱口道成理事長以下、白木澤良子理事、田口敬子秘書室長をはじめイノベーション推進部の方々による拠点視察が行われました。

当日は中核機関である慶應義塾大学の青山藤詞郎常任理事(リサーチコンプレックス推進プログラムチーフエクゼクティブオーガナイザー)、中核自治体である川崎市の三浦淳副市長よりご挨拶を致し、殿町リサーチコンプレックスの概要の説明を行いました。

また、既に推進している主だったコア技術研究プログラムに関しての説明を担当責任者である慶應義塾大学の中村教授及び新井専任講師より行いました。

その後に行われた質疑応答では、濱口理事長、白木澤理事、田口室長よりプログラム全体及び研究の進捗状況、成果等に関して詳細の説明を求められ吉元オーガナイザー及び先生方より明確なご返答をさせて頂きました。

休憩をはさんで実施しました視察では、新たに竣工した慶應義塾殿町タウンキャンパスの施設及び隣接する公益財団法人実験動物中央研究所の施設を視察いただきました。

 

お知らせ / 融合研究・その他お問合せ

お気軽にお問い合わせ下さい。また、様々なお知らせやイベントも公開しております。是非ご覧下さい。